音楽とひとり

ひとりではじめるミュージックハック。

はじめてのひとりフェス入門③RSRって何やねん

こんにちは、B子です。

 

前回の記事で「はじめてひとりで夏フェスに行くならRISING SUN ROCK FESTIVALですぞ!」という話をしたのですが、「なんやねんそれ!」という人も多いかと思うので、その概要といいところについて、運営会社からお金をもらっているわけでもないのに詳しくご紹介をしようと思います。

 

RISING SUN ROCK FESTIVALとは

wiki公式サイト(2018年)

 

RISING SUN ROCK FESTIVALとは、例年8月のお盆前後に、北海道石狩市で行われる野外フェスです。2018年の今年、20周年を迎えました。

 

私が初めて行ったのは2006年(もちろんひとり参加)。

その後、2回ほど行けていない年もありますが、基本的には毎年赴いています。

 

出演アーティストは、邦メイン。ということで、「あたしゃ洋楽しか聴かねえよ!」という人はこちらでごめんなさい。今年2018年は山下達郎さんの出演がありましたが、過去には安全地帯とか、松山千春さんとか、矢沢永吉さんとか、「おっ!?」という出演枠もあります。

 

合計で100組以上のアーティストが出演しますが、会場内には10個くらいの趣の異なったステージがあり、同時に各ステージでアクトが行われているので、好きなアーティストを見にステージ間を歩き回ったり、お気に入りの雰囲気のステージを見つけて、そこに滞在することもできます。

 

そしてなんといってもRSRで一番特徴的なのは「夜通しライブを見て、みんなで朝日を迎える」イベントであること。

 

イベント自体は2日開催なのですが、1日目は午後~深夜2時ごろまでのステージ、2日目は、お昼から~最終アクトが終わるのが朝の5時近く。

お天気が良ければ、最終日、メインステージの向こうに朝日が昇ってくる姿を拝むことができるのです!それも大好きな音楽を聴きながら!!

実際、確率的には雨と曇りのほうが断然多いのですが、だからこそご来光があった年の感動もひとしおです。

 

そして、朝日以外にもRSRの良いところがたくさんあるんです。

この続きは次の記事で紹介していきしましょう!